確かな情報を生活者視点でわかりやすく伝えることで、健康で快適な社会生活を生み出したい。

生活者が求める情報を的確にとらえるにはマーケティングが基本。インターネットの普及により、生活者の形態が日々変化しています。 従来のマスメディアだけでなく、ネットからも膨大な情報が集まり、消費者が広告主様の商品やサービスが有用か不用かの選別を迷走させ、消費需要に混乱を招いている状況にあります。

発信する広告主様の商品やサービス情報が生活者の視点から、つまり消費需要があるかないか、そしてあるとすればどのくらいあるかを的確にリサーチする必要があります。次にその需要は何のために必要なのかのニーズを捉えなければなりません。的確な市場数値を把握し、そのマーケットにおける現況の広告主様のシェアを認識することで、メディアを体系化し、統一したコンテンツを基にメディアソリューションに売れる“しくみ”を創り出します。


株式会社南十字社
代表取締役 眞継 伸光