【テレビ】

主流はインフォマーシャル
放送直後に結果のわかる即時性が魅力です。

通常15秒や30秒ほどのCMを、2分から15分・30分ほどの長さで番組風に撮影~編集し、放送中に電話注文を促すことを目的としています。 視聴者がついつい見続けてしまう魅力的な番組を制作するのがポイントで、その作品には様々なノウハウが盛り込まれます。 即時性が高く、すぐに結果が分かるため、クリエイティブの判断もつけやすく、反響が良かったものはほかの放送局にも広げることで、効果的に広告出稿を続けることができます。

【ラジオ】

コストが手軽だから、地道なクリエイティブテストが可能

ラジオ広告には、(1)生コマーシャル(2)スポットCMの2種類があります。 他のメディアと違い、声による訴求だけで購入につながるため、限られた時間で商品の良さを伝えるなど、シナリオの内容が重要になってきます。ですが、比較的低予算で実施できるため、地道に改稿しながらクリエイティブテストを繰り返すことが重要です。